『タブウ』(I Tabu)1963年製作、イタリア

イタリア映画『タブウ』の一場面

『タブウ』(I Tabu)1963年製作、イタリア映画

監督:ロモロ・マルチェリーニ
音楽:アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ

ドキュメンタリー(記録映画)

本邦公開:昭和40年3月、カラー、スタンダード・サイズ、モノラル音声
 

イタリア映画『タブウ』の一場面

世界の闇に忍び込み、色んな奇習をカラーで
紹介する長編記録映画です。
見てはいけない人間のタブウを扱った内容とされ、
日本の場面を含め、スウェーデン、ビルマ、タイ、インド、
アメリカ等々のショッキングな行為が紹介されて行きます・・・ 

音楽は、イタリアのアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ。
一部をアルマンド・トロバヨーリが手掛けているようです。
 

日本で劇場公開された時のパンフレット(左側)、オリジナル・サウンドトラックのLPレコード(右側)

 
イタリア映画『タブウ』(I Tabu)の
オリジナル・サウンドトラック・レコード(LP盤)は、
イタリアのみで当時発売されました。
このレコードは、非常に発行枚数が少なかったため、
非常に入手困難なタイトルのひとつとされています。
インドの場面で流れた音楽のみ、当方復刻CD

『ヴィンテージ・サウンドで楽しむフィルム・ミュージック
「世界の七不思議」「タブウ」&「生きる歓び」編』(EH-777)
オリジナル・サウンドトラック集

にて、収録させていただきました。

日本も含め、インドの背景場面に流れる音楽の解説は、
ライナーに掲載しておりますけれども、
そんなびっくりするような、インドの奇妙な
画面風景とは思われない程、印象的で、
美しいメロディーの演奏です!
収録はA面最後のトラックのため、演奏が終わって、
針が送り溝を移動しながら
中央の最終部分へ到達するまでが入っています。

『ヴィンテージ・サウンドで楽しむフィルム・ミュージック「世界の七不思議」「タブウ」&「生きる歓び」編』(EH-777)
『ヴィンテージ・サウンドで楽しむフィルム・ミュージック 「世界の七不思議」「タブウ」&「生きる歓び」編』(EH-777)から、 イタリア映画『タブウ』“聖なる牛”が試聴できます。 (再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます。音質は製品と同じではありません。)  

  

イタリア映画『タブウ』オリジナル・サウンドトラックのLPレコード
このタイトルのレコード・ジャケットは薄い紙製のため、レコード盤とは別にして保管しています。
レーベル部分の拡大写真です。